Caruha Photo Life

渥美半島の情景を主体に、心に感じたものを写真で表現したいと思っています。

5月30日に赤羽根海岸で保護されたハナゴンドウ(クジラの一種)です。
赤羽根の浜で地元の方々に助けてもらい、南知多ビーチランドに運ばれた後、職員の24時間体制の看護によって少しずつ元気になり、今は1日9キロのイカを食べています。
目がどこにあるかって?
この写真の真ん中辺りです。閉じたまぶたはなかなか開かず、かわいい眼は撮れませんでした。でも、よかったね、元気になって。ハナゴンドウ

みんなワクワクドキドキして、飛び立つそのときが来るのを待っているのです。
不安?なんかないよね・・・・・・さあ、飛び立とう!

裏庭にドクダミの花がいっぱい咲きました。
何だか楽しそうに足を上げて、踊っているように見えませんか?ドクダミダンシング

昨日の夕方、久しぶりに干潟に行ってみました。
空はグレーから少しずつブルーに変わり、ご覧の通りとても素敵な色になりました。
干潟はちょうど干潮で、サギが休んでいましたよ。汐川干潟

このブログをご覧の他地域の皆さま、いかがお過ごしですか?
ここ渥美半島は梅雨とはいえ、あまり雨も降らず蒸し暑くもなく、過ごしやすい日が続いています。
田植えから一月経ち、田んぼはちょっと爽やかでいい感じです。
そう、カエル目線ですよ。爽やかな苗

辺りがだんだん暗くなると、棚田の道は幻想的な光の帯となります。(実際はもっと雰囲気があります)
和太鼓の演奏や花火もあって、地元の方たちのほのぼのとしたあたたかさを感じさせるイベントでした。

灯そう千枚田2

先週土曜日に新城市四谷千枚田で、”みんなで灯そう千枚田” のイベントが行われました。
千枚田の中の通路を中心に、ロウソクを入れた竹筒を並べて灯りをともすキャンドルナイトです。
これは、地元の小学生が点火しているところです。先生も手伝って、沢山のローソクに一生懸命灯をつけてくれました。灯そう千枚田

ここは田原市藤七原の源氏蛍群生地です。
この日は柳にとまっているものが多くてあまり舞わず、ちょっと残念でした。夜の8時から9時頃がよく舞うそうです。
この幻想的な光景(実際はかなりステキ)が見られるのも、地域の方の努力のたまものですね。もう一度でかけてみたいと思います。蛍飛行

雨の中、傘をさして紫陽花を撮っていました。
もう一人、同じことをしている方がみえました。どんな写真が撮れたのでしょう?
気になりますよね。
少しずつ色づいてきて、このくらいの感じが好きです。初々しいでしょ?雨の日に

今の時期の花です。
艶やかですらっとしてとても絵になる花なのですが、むずかしいですね。
(神戸大池公園)かきつばた

この花の名前はわかりません。
蕊が長くて、このまま飛んで行ってしまいそう。
森を歩いていると色々な花に出会えます。森歩き2

ここは滝頭公園です。
上の駐車場から山の方に少し登った森の中。木々に覆われて薄暗い中で、そこだけぱあっと明るくなるほどの、大きな紫陽花の木がありました。
この花はそのひとつです。
可憐な乙女がひっそりと佇んでいるように・・・・・・見えませんか?森歩き1

先週末に田原の凧まつりが行われました。
土曜日は子どもの誕生を祝い、健やかな成長を願って揚げられる初凧でした。
これは、その記念撮影風景です。
中央の凧は超特大で100枚の紙を使っているそうです。(特大25枚、大16枚、小9枚)
よく晴れ渡った大空に見事に舞っていました。
全部で148枚の凧が揚がったそうです。初凧

去年も今年も何度通ったことでしょう。この景色に魅せられてしまいました。
昔の人が根気よく開墾し、それをここまで大きくして維持し守ってきた人たちがいるから、今この景色があるのですね。素晴らしいことだと思います。四谷千枚田の朝2

新城市四谷の千枚田です。
ほとんどの田んぼは田植えが終わっていました。着いたのは5時前で、誰もいません。早朝のひんやりした空気とウグイスの鳴き声がとても爽やかで、ルンルンの撮影でした。四谷千枚田の朝

このページのトップヘ