Caruha Photo Life

渥美半島の情景を主体に、心に感じたものを写真で表現したいと思っています。

2013年08月

”今年の猛暑は群を抜いていますね~”
”朝から焦げそうです(;´∀`)”
おしろい花と赤トンボのそんな会話が聞こえてきそうな朝5時半です。
大方そんなことを話しているはずです。おしろい花

ここは東海道赤坂宿です。
隣の御油の松並木もここも、当時の情緒を今も残す趣のあるところです。この狭い道を昔の人は歩いて旅したのですね。
涼しくなったら、一人歩いてみるのもいいかもしれません。赤坂宿の行灯

旅籠大橋屋さんです。300年以上前に建てられた宿ですが、もちろん今も宿泊できます。
弥次さん・喜多さんが歩いて旅をした時代、旅人はほっとしてこの戸を開けたことでしょう。
遠い昔に思いを馳せてしまうような提灯ですよね。東海道赤坂宿

モノクロではわかりませんね。
カラフルトレインとして今年1月より順次色が増えています。
年内には10色すべて揃う予定です。それぞれ花の名前がつけられています。
桜、つつじ、菊、菜の花、しでこぶし、椿、ひまわり、菖蒲、はまぼう、バラ。
何色が来るのかちょっと楽しみです。渥美線は行く

朝もやが立ち込めて向こうがかすんでいます。
朝5時半、家の近くの田んぼからです。グリーンは目に鮮やかですが、いかにも暑い日になりそうな気配ですね。
昼間はじっとして、ただ夜になるのを待っている田んぼの生き物と同じような毎日です(;´∀`)猛暑の始まる朝は

朝の散歩中、葱畑の畝に映ったスワクンとわたし。
畝のせいでスワクンはカピバラに、わたしはシャーロック・ホームズみたいに見えますねえ。カピバラみたいな

神戸大池です。最盛期は過ぎましたが、まだまだたくさんの花が咲いています。
一箇所、花のそばまで近づけるところがあります。そっと近づくと何かがポチャっと水に入る音が・・・・・。カエルかカメですね、きっと。
DSC_5931 (2)

夕暮れの浜田海岸です。
週末で釣り人が何人かゆったりとした時間を過ごしていました。
今日の釣果はどうですか?浜田海岸

夕方の太陽と向き合い、セミロングの髪を風になびかせて爽やかな感じですけど、結構な蒸し暑さでした。神さま、雨を降らせてくださいな。サンテパルクの向日葵2

少し小ぶりの向日葵です。
向日葵の花はみんな太陽の方を向いたりはしません。このように全く逆を向いてる花もあります。どちらが正解かはわかりませんね。サンテパルクの向日葵2

木曜日、サンテパルクは定休日でした。
買ったばかりのマクロレンズをつけて、ルンルンで撮っていました。が、斜面で土が軟らかかったため、バランスを崩して三脚ごと転んでしまいました。フードのおかげでレンズに傷はつきませんでしたが、フードは泥だらけ、傷だらけ(;´∀`)  撮影には細心の注意を払いましょうね。サンテパルクで

ここはいつもの蓮池です。
少し気の毒なハスを発見。我慢の限界が来たら、そりゃもう思いっきり動いて、ハードなエアロビクスで発散してください。(10年前のコンデジで撮影)雁字搦めの蓮

自転車のおじさんが走って行きます。
こんな風に自分が写ってるなんて思ってもみないでしょうね。大丈夫、わたしすべて絵にしてしまいますから。(根拠のない自信がこわい(;´∀`)コスモスの畑で

このページのトップヘ