Caruha Photo Life

渥美半島の情景を主体に、心に感じたものを写真で表現したいと思っています。

2013年09月

滝頭公園の森の中です。
もみじの枯葉がクモの糸にひっかかって、木漏れ日にキラキラ輝いていました。少しの風に揺れて、とてもきれいでした。マクロの森

ありは一生懸命のぼりました。でも花ままだ咲いていません。
下からはよく見えなかったのか、あわてん坊なのか(;´∀`)
ちょっと残念でした。のぼります

よほど甘くておいしいのでしょう。ふたりとも夢中でした。
この白くて可愛い花は、そう、葫(にんにく)の花なんです。
夏バテ気味の虫にはもってこいですよね。
おいしいものは一緒に

朝5時半頃の東の空です。
朝の爽やかな光の中で散歩するのが好きです。悲しいことや嫌なことがあっても、朝陽で溶けてしまうような気がします。元気のないときは早起きをして、朝陽をいっぱい浴びながら歩きましょう(元気が余っている人もです)。きっと、しあわせな気持ちになれますよ。(コンデジで撮影)朝陽とともに

Aタイプ(スイム2キロ、バイク62.7キロ、ラン20キロ)、Bタイプ(スイム1キロ、バイク40.1キロ、ラン10キロ) これをトップの選手はAタイプ4時間弱、Bタイプ2時間程でゴールします。まさに、鉄人レースです。
ここは恋路ヶ浜から灯台に行く急勾配の坂。最後のランの急所にみなさん必死です。でも、こんなところはゆっくり景色を楽しみながら歩かなきゃ、ね。
この大会に関わったみなさま、本当にお疲れさまでした。伊良湖トライアスロン大会2

8日に行われた伊良湖トライアスロン大会の駐輪場です。
競技の始まる20分前、Aタイプの選手はみんなスイムのスタート地点に集合しています。ここにいるのは、Bタイプの選手か関係者です。出場総数は約1000名。過酷なレースの始まりです。伊良湖トライアスロン大会

稲の干し方にはいろいろあるようです。
これは一段式です。向こうから稲の波が押し寄せて来るような、下を向いた羊の群れが右から左へ歩いていくような・・・・・そんな風には見えませんか?収穫のとき2

田原市野田町付近を走行中に見かけた刈り入れ風景です。
稲が上手に刈り取られて後ろから出てくる光景は、見ているだけでも面白いですよ。収穫のとき

早朝の表浜谷の口海岸です。
台風が近づいていて波が少し高かったのですが、釣り人が何人かいました。
ステキな雲が出ていました。表浜海岸

23号バイパスの前面開通により、走行がとてもスムーズになりました。特に2車線の区間は渋滞がなく、快適に走行できます。
ときどき遊びながらこんな写真も撮っています。運転しながらではありませんから、ご安心を。23号 バイパス

・・・・いるのはトノサマガエルです。
まだ小さい子供たちですが、大勢いました。彼らが暮らす環境が良くなっているのでしょう。
かなりレンズを近づけても逃げませんでした。
じっと見つめて

朝の散歩中、これから植え付けの始まる畑で何やら面白い模様を見つけました。
もっと上から見たいと思いますよね。慌てて帰り、準備して撮影しました。
車のルーフからは、いつもとは違う景色が見えました ( ̄ー ̄)
用意したもの・・・・・キューブ、脚立、地下足袋、カメラ少し上から目線で

朝の海を見つめているのは愛犬スワッチです。
海大好きくんで、波打ち際で遊んだり、遠くまで走ったり、釣り人さんの様子を見に行ったりと忙しいのですが、一番の仕事はわたしのモデル。
あっち向いて、こっち向いてって言われてもねえ(;´∀`)愛犬スワッチ

家の周囲の畑ではキャベツやブロッコリーの植え付けが始まりました。
あちらでもこちらでもほぼ一斉です。雨が少ないため、スプリンクラーも回っています。
キャベツやブロッコリーは全国一位、二位の生産高を誇っています。キャベツ畑で

赤とんぼがたくさん飛んでいました。
でも、上手く撮れなくて虫なのかゴミなのかわかりません(;´∀`)
とりあえず、大きくして見て下さい。四谷の棚田

このページのトップヘ