Caruha Photo Life

渥美半島の情景を主体に、心に感じたものを写真で表現したいと思っています。

2013年12月

急に真冬のようになりました。
皆さま、お風邪などひきませんように、あたたかくしてお過ごしくださいね。1-川べりの林

目の前を観光客用のクルーザーが通り過ぎていきます。
光の線になって見えるのは、そのクルーザーです。(SS5秒、F5、ISO100で撮影)マリンイルミネーション2

とても有名になったラグーナのマリンイルミネーションです。
風のない日は折れ線グラフみたいに水面を彩ります。マリンイルミネーション1

ここはラグーナ蒲郡。フェスティバルマーケット近くのクルージング乗り場です。
男の子の目の前にはイルミネーションで飾られた豪華なクルージング用のヨットが、夜のお客さんを待っています。マリンイルミネーションはまた明日。サンタは後ろ姿で

なつかしい方も多いと思います。
この参道を幾度往復したことか・・・・・。もちろん、今も通っています。ここはどこ?

12月もそろそろ中旬にさしかかろうとしています。が、紅葉はあと少しアップします。
木はどこから生えているのでしょう?真っ赤な秋に

この写真の中には、7,8匹の動物が隠れています。暇な方は探してみましょう。
1-DSC_0098

大井川にかかる一番長い吊り橋です(長さ220メートル、高さ11メートル)
ルンルン気分で揺すったり、飛び跳ねたりしたのですが、それはしてはいけないことでした。
(;´∀`)これから、吊り橋を渡る方は充分ご注意ください。塩郷吊り橋

このお弁当は千頭で買ったのですが、とってもおいしかったです( ^∀^)
金谷駅、新金谷駅、千頭駅で販売していています。予約しなくても大丈夫ですが、週末は早く行かないと売り切れてしまうそうです。大井川ふるさと弁当

奥大井湖上駅で降りてここからハイキングです。急な階段を登っていくと、湖上駅を上から見下ろすスポットに出ます。
ここから次の接阻峡(せっそきょう)温泉駅まで約1時間半のコースです。(もれなくハイキングしないといけないわけではありません、念のため)南アルプスアプトライン4

アプト式鉄道とは、歯型レールを使い急な坂をのぼりおりするように考案されたものです。往きは、アプトいちしろ駅で一番後ろに連結し、次の長島ダム駅まで一区間、日本一の急勾配を後ろから押して登ります。
南アルプスアプトライン3

このアプト式鉄道の路線は、トンネルの数を最小限にして美しい大井川やダム湖に沿って走り、周辺の景観を充分楽しめるよう考慮されています。
吊り橋を通り過ぎながら、下からカシャ!南アルプスアプトライン2

ここは展望車です。屋根はありますが、風を切って進むのでこの季節は覚悟が必要です。
まるで家畜車のような感じですが、大自然と触れ合いたい方にはもってこいですね。南アルプスアプトライン

このページのトップヘ