Caruha Photo Life

渥美半島の情景を主体に、心に感じたものを写真で表現したいと思っています。

2014年05月

花の涙シリーズです。
雨上がりの朝、庭のカンパニュラには、キラキラ光る涙のしずくが沢山ついていました。1-DSC_0008

心地よい風が吹いてゆきます。千の風になって、親しい人が通り過ぎて行ったのでしょうか。1-1-DSC_9286

ミカン畑を通り過ぎて行きます。
この1両編成のかわいい電車には、浜名湖も田んぼもお茶畑もよく似合います。1-DSC_0043

庭のアジサイ宮殿には、小さな生き物が時々顔を出します。この子カマキリは1.5センチくらいです。1-DSC_9684

白い花が好きです。小さな花が集まって丸いかたちを作っています。可愛いですね ( ̄ー ̄)1-DSC_9641

木漏れ日の差す早朝です。
仲間と登るとあっという間の30分ですが、一人で登ると結構きついのは何故でしょう。1-DSC_0001

小学生のとき、友達によくレンゲの冠を作ってもらったっけ。自分では作れなかったのでした。1-DSC_0040

緑が美しい季節ですね。
この赤い花が可愛いくてカシャ!隣の家のもみじです( ^∀^)1-DSC_9597

市街地を練り歩いた後は、それぞれの地区へ戻って行きます。
3日間はかなりきついと思います。でも、この伝統はずっと受け継がれて欲しいですね。1-1-DSC_0324

小さなときからお祭りに参加していれば、自然とお祭り好きになるのでしょうね。ラッパと太鼓の音に誘われ、粋でいなせなお祭り男の出来上がり。1-DSC_0222

昼間は凧揚げ、夜は屋台の引き回しが行われる浜松まつり。5日までの3日間、浜松市内は祭り一色に染まります。
ここは中心市街地、浜松駅前付近です。華やかな屋台とともに粋な町衆が次々にやって来ます。全部で84町参加だそうです。すごいですね~。1-DSC_0119

蓮池を散歩していると、ステキな花が咲いていました。これは、なんて花でしょう?1-DSC_0008

ヤギを飼っているおじさんちの子ヤギたちです。
羊飼いならぬヤギ飼いのおじさんは、どこか楽しげでした。老後はわたしもヤギ飼いになろうかな。
1-DSC_0015

このページのトップヘ