Caruha Photo Life

渥美半島の情景を主体に、心に感じたものを写真で表現したいと思っています。

2014年07月

茶臼山高原の池にはまだ菖蒲が咲いています。その花びらには小さな虫たちの姿が。
”ねえキミ、撮らせてお願い”、というわたしに、 ”向こうのアイツよりイケメンにしてくれ” だって・・・・
ここでも、ニコンD5300のバリアングルはとっても便利。ファインダーをのぞかなくても、寝転がらなくても楽々です。そしてWi-Fi通信で、すぐにスマホから送信~あなたに届いたでしょ。1-DSC_0098

設楽の森には、まだありました。幼い頃、みんな摘んで食べたでしょ。
甘酸っぱくて、どこかなつかしい味がしました。1-DSC_3180

設楽の山道を走っていると、あちらこちらで山アジサイの群生が見られます。
純白で可憐な花は、頼りなさ気に風に揺れていました。1-DSC_3164

豊根ダムのあるみどり湖です。先週末までは雨が少なくて、例年は水没している部分が顔を出していました。もっと近づいてみたかったのですが、足の怪我のせいで泣く泣く諦めました。
台風8号の影響で水量が上がり、この木は近々水没するでしょうね。1-DSC_0127

3年前に撮った木を探してみました。茶臼山高原休暇村を上っていくと、牧場があります。その向かい側にありました。
青空の部分には”青少年育成特別講演会” の文字が入りそう、講師はもちろん尾木ママで。1-DSC_0016

設楽方面へ撮影小旅行に出かけてきました。
早朝の茶臼山高原です。前日からの雨が上がり、気温の上昇とともに、目前に雲海が広がっていきます。色や形を少しずつ変えていく様子を、夢中になって撮った1時間でした。1-DSC_0158-001

日本に分布するバッタの中では最大種で、成虫はオスよりメスのほうが大きいそうです。
我が家の庭に訪れたのは、体長1.5センチほどの子バッタで、長い触角がカッコよくて可愛いヤツでした。(成虫メスの全長は14ー18センチ)1-DSC_0043

神戸大池の蓮が咲き始めました。この池からわたしの写真人生は始まったのだから、とても大事な場所ですね。
今年で4度目のシーズンオンです。どんな写真が撮れるのか、とても楽しみにしています。1-DSC_0037

もうじき咲き始めるひまわり畑を通りかかったとき、聞こえた(ような気がした)一言です。
夏の苦手なわたしには渥美の夏は苦行ですが、このつぼみたち、何だか楽しそうに風に揺られていました。1-DSC_0025

鉄橋の下で泳いでいる人たちを発見。流れはゆったりとしていて、温泉につかっているようでした。(電車の写真も撮りましたが、でか過ぎたのでパスします、ごめんなさい(;´∀`)
この右手に天浜線フルーツパーク駅があります。1-DSC_0028

まだ梅雨が明けなくて、蒸し暑いですね。
こんなときは”ちょこっと撮影”に出かけよう!というわけで、やってきたのはいつもの天浜線です。苗が青々としてきましたね。1-DSC_3129

ねじ花です。
近くの空き地で咲いているというメールが入り、早速痛い足を引きずり行きましたよ~
 左足中指の怪我は今月半ばに治る予定です。今は、内緒でリハビリ中(;´∀`)1-DSC_0008

このページのトップヘ