Caruha Photo Life

渥美半島の情景を主体に、心に感じたものを写真で表現したいと思っています。

2015年11月

半島のあちこちでそろそろ咲き始めてきました。冬はこれからなのに、ちょっと気が早いですよね。ターゲットは冬休みの観光客なのでは?
でも、食べて良し、撮って良し1-DSC_4882のものには、感謝&感謝の一言です。

大きな柿の老木に少しだけ実が残っています。
鳥のために残してあるのでしょう。血管にできた瘤(こぶ)みたい、なんて言わないでね。1-DSC_1320

森の中のお地蔵さまも、季節の移ろいに心ときめかせているのだと思います。1-DSC_1290

なんか不思議な空間でした。1-DSC_1177(愛知県民の森にて)

赤い紅葉をついつい探してしまいます。人ってやはり赤に惹かれるのですね。1-DSC_1214

毎日1万歩を目標に歩いています。こんな良い日に紅葉の中を歩くのは、本当に気持ち良いですね。大勢の人が見に来ていましたよ。1-DSC_1196

今年の紅葉はあまり良くないと言われています。
ここは愛知県民の森です。綺麗なカエデを探すのに苦労しました。でも可愛いですよね。1-DSC_1210

ときどき訪ねる一人暮らしのおばあさんのおうちのネコです。少し恥ずかしがり屋で、イスの下で ”はい、ポーズ”。1-IMG_0973(iphoneで撮影)

桜門です。二本のイチョウは黄色く色付いていますが、モミジはまだ少し早いですね。1-DSC_0012

17日の早朝、とても低い位置に靄(もや)が出ていました。手前のひまわりはたぶん今年最後のものだと思います。雨と風でくしゃくしゃになりながら、でもキャベツ畑の番人のごとく頑張って咲いていました。1-FullSizeRender

駅伝の厳しさや奥深さはそのルールにもあります。彼の左手のたすきを渡す相手はもう繰り上げスタートしていました。でも精一杯走るしかありません。(14チーム中5チームが繰り上げスタートという厳しい大会でした)1-DSC_4856

ここは第5中継所です。次の走者の背中をたたいて気持ちをたくします。彼らは昨年ニューイヤー駅伝で優勝したトヨタ自動車のメンバー。1-DSC_4779

ここは白谷海浜公園近くです。
走っているのはトヨタ紡織の第5走者。雨が上がり、少し強めの渥美の風を受けて走り抜ける選手たちは、みんな細くて色白でイケメン揃いです。第5中継所まであと10メートルほどの地点で、ラストスパート。ガンバレ!(スタート地点の様子はブログ”渥美の風”にアップしました)1-DSC_4796

このページのトップヘ