この線路のずっと向こうにあるのかもしれない、と感じませんか?
それとも反対側を向いてみますか?希望があるとしたら