設楽原合戦の戦死者を葬った信玄塚に大量の蜂が発生して人々を苦しめました。その霊を慰めるために松明を燃やして供養したのが始まりと言われています。
長さ2,3メートルの松明に火をつけ、それを八の字に振り回します。とにかく熱い火祭りでした。火おんどり