ここは桜門です。
城主三宅氏は譜代の名門とはいえ、わずか1万2千石でした。格式が高く、城持ち大名であったため、藩士の数の多いことが財政を窮乏させていました。1-DSC_9137