”ヤーレモッセ、モッセモセ”と唱えながら、燃え盛るたいまつを振り回すと、火の粉が舞いあがります。
長篠の戦い後間もなく、死者を葬った信玄塚から大量の蜂が発生。武田軍の亡霊と考えた村人たちがたいまつを燃やしたのが始まりと考えられています。1-DSC_0964