この植物の黒くてかたい果実をつぶすと白い粉が出てきます。江戸時代にはこの白い粉が”おしろい”の代用として使われたのだそうです。別名夕化粧(ユウゲショウ)1-DSC_0016