Caruha Photo Life

渥美半島の情景を主体に、心に感じたものを写真で表現したいと思っています。

カテゴリ: 花

我が家の庭に娘が植えたカラーの株が少しずつ大きくなりました。
今年は5つの花を咲かせています。その一つに、涙のようなしずくが・・・・。
というより、この蒸し暑さで汗をかいたのかな?カラーのしずく

その昔わたしはユリで、他のユリとこんな風にさいていたような・・・・・・はずはないのですが、そんな空想に耽ってみました。
短い命ですが、来年も咲くことを考えると花もまた楽し、ですよね。
来世はユリもいいかも・・・・・遠い日の記憶 

森の中はゆりで敷き詰められたようです。
ここは白一色ですが、色とりどりのところもあって見ごたえ抜群。こんなに一斉に綺麗に咲かせるには、管理されている方々のご苦労は大変なものだったと思います。
また、来年も行きたい場所のひとつです。可睡ゆりの園

それは今まで見たこともないようなスケールの花園でした。来場者は”すっご~い、ひっろ~い、きれい”と歓声を上げていました。
この壮大な黄色い絨毯を、みんな入ってすぐ目の当たりにするからです。可睡ゆりの園2

雨上がりの朝です。
色付き始めた紫陽花のかわいい花びらのひとつから、涙のような一滴が落ちるところです。
泣かないでね。紫陽花のなみだ

お花についている水滴の世界をちょっと覗いてみたくなりました。
マクロはなかなか楽しいですね。しずくの世界

砂浜から少し上の方に、ピンクの浜昼顔が一面に咲いていました。
夕方近くで、花が閉じかかっています。スワクン、踏まないでね (;´∀`)DSC_3594

白い藤が満開でした。
青い空に映え、風にそよそよと揺れながら真っ直ぐ下に垂れ下がっています。
隣にあった松ぼっくりのようなアメリカ藤よりも風情があって、こちらの方が断然ステキでした。藤棚

こちらはポピー、向こうはネモフィラの花が一面に咲いています。
GWで、大勢の人がゆったりと思い思いの時間を楽しんでいました。浜名湖ガーデンパークにて

本宮山頂上付近の森の中を歩いてみました。
満開を過ぎた山桜やミツバツツジのほかにも、たくさんの植物と出会えましたよ。DSC_3269-001

宇宙に漂う惑星が風とともにどこかへ飛んでいく・・・・・
そんな世界を想像してみました。DSC_3007

森の中に満開のミツバツツジが咲き乱れていました。
華やかさの中にも、品の良い雰囲気が漂う花ですね。DSC_3285-003

はなもも街道には、ほかにも色々な花が咲いていました。
一番目に付いたのは、白い梨の花です。それから、ピンクの桃の花、濃いピンクと白の芝桜、そしてまだ蕾のこの花は・・・・・そう、りんごの花なんです。
こんなにかわいいとは、知りませんでした。一度で、好きになりました ( ̄ー ̄)DSC_3490-001

伊那谷と木曽谷を結ぶ国道256号線は”はなもも街道”と呼ばれ、飯田インター周辺から天竜峡、阿智村、南木曽町までの街道沿いに数千本の花桃が植えられています。
濃いピンク、薄いピンク、白、赤と色とりどりで華やかです。花桃 白-001

光前寺の参道にある石の仏様の背後には、黄色と白の水仙が満開に咲いていて参拝客を迎えてくれます。手前の田んぼの土手にもたくさんの水仙が風に揺れていました。
中央アルプスから吹く風はまだ少し冷たかったです。DSC_3148

このページのトップヘ